きむら内科小児科医院

廿日市市の内科,消化器科,小児科 きむら内科小児科医院

〒738-0053 広島県廿日市市阿品台四丁目17番31号
TEL 0829-39-2238

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

当院の特徴

①全世代に対応可能な多施設と強固な連携がとれるクリニック

当院は外来、内視鏡検査(2021年より大腸内視鏡スタート)、訪問診療、居宅介護支援事業所、デイサービスを以前より手掛けておりましたが2020年6月より訪問看護ミモザがスタートしました。
外来は医師2名で内科/消化器内科/小児科を専門としておりますが、地域のかかりつけとして様々な悩みにも真摯に対応したいと考えております。お気軽にご相談ください。訪問診療や往診も行っており、通院が難しい方の在宅医療にも積極的に取り組んでおります。訪問看護は現在3名の訪問看護師と理学療法士が在籍しております。また、自院併設の訪問看護ステーションだけでなく地域の訪問看護ステーションや居宅介護支援事業所を含む多施設連携が地域在宅医療にとっては不可欠であり、これまで通り関連病院を含め強固な連携をとっていく所存です。2021年より医師も2名体制となり、チームで患者さんのディスカッションを行うことで「なぜこの薬を選んでいるのか」、「患者さんのACP(人生会議)について」など共通認識を持って医療を行い、学びがある質の高い医療を目指しております。患者さんの受け入れ体制としては外来診療、在宅診療ともに世代を問わず0歳~100歳を超える方に医療を提供できるクリニックを目指しております。連携としてはLine Worksを取り入れ、自院だけでなく他施設ともスピーディーに連携することが可能となりました。

 

②ターミナルケア

在宅医療に欠かすことのできないターミナルケアに対しては、在宅専門医緩和ケア認定看護師を加えた医師・看護師・理学療法士・薬剤師などがチームを組んで、疼痛のコントロールなどの様々な症状や問題に対応できる体制をつくり、訪問診療と訪問看護の両面から患者様の終末期を支えています。昨年1年間では約15名(自宅看取り率約75%)の方のお看取りをサポートしてきました。そしてお看取りだけでなくグリーフケアにも着目し、亡くなられたあとも訪問ないしご連絡しご家族様の心のケアに努めております。
特にうつ病発症率が高いとされる49日以降は注意が必要と考えております。

 

③居宅支援事業所・外来・在宅・デイサービスとの強固な連携

外来では診察や採血点滴処置のほかに胃・大腸カメラレントゲンエコーなどご来院頂き検査を行うことが可能です。在宅では自宅で採血点滴、エコー検査、心電図検査は可能です。在宅で難しい検査に関しては必要に応じて当院の外来で検査が可能です。当院で施行できない検査や専門的治療が必要な場合は関連医療機関に紹介させていただきます。
また、居宅支援事業所が併設されているため、医師や看護師がケアマネージャーとスピーディーにディスカッションを行い、環境調整しながら必要があれば当院のデイサービスに通所も可能です。

 

④小児科/小児在宅医療を担うクリニック

外来では便秘、喘息、アトピーなどの慢性期疾患や感染症外来、予防接種を行っております。
小児在宅医療において我が国は医療の進歩により周産期医療の救命率も世界に類を見ないほど高くなっております。そのため医療的ケア児が増加し、在宅診療も進歩したことから重症心身障害児の方を地域の医療機関と連携してみることが可能な時代となってきました。小児特有の成長とともに変化する医療に対応し、トランジションについても小児を長く診る上で内科的な経験が必要であるため、当院では小児在宅専門機関でトレーニングを積んだ在宅専門医が所属しております。

 

⑤教育・研修

外来には30-40代までの看護師が3名、訪問看護ステーションには30代から60代まで4名の看護師が在籍しております。外来看護師は外来だけでなく訪問診療の同行も兼務しており、訪問看護に所属する看護師は訪問診療同行を行ったのち、指導看護師との訪問看護同行を経て在宅医療での看護師の役割・必要なスキルを身につけながら働くことが可能です。事務員は現在4名です。
月一回行っている勉強会参加や学会等への研修が推奨され、研修費用の補助もあります。

当院は職種による垣根のないディスカッションができるクリニックを目指しております。

写真:講義者は医師、参加者は医師、事務、訪問看護師、外来看護師、薬剤師です。

2021年度勉強会(写真はオピオイド拮抗薬について)
・高齢者の視診はじめませんか?
・緩和ケアにおける薬剤の使い方 基礎編
・緩和ケアにおける薬剤の使い方 実践編(Work shop)
・熱傷の治療、褥瘡の治療について etc

 

クリニック概要

院長/副院長からのメッセージ

院長:当院は地域のかかりつけとしてお子様から子育て世代、年配の方まで、ご家族全員の健康管理を支援します。当院の外来は小児科外来、生活習慣病等の疾患治療だけでなく内視鏡、健診、予防接種によってがん早期発見を含む疾病予防にも力を注いでおります。従業員も募集しています。患者さんに対する暖かい気持ちが大切です。ぜひ一緒に働きましょう。お気軽にご相談ください。

副院長:外来では通常外来に加えて大腸内視鏡を担当しています。小児医療は外来診療に加え小児在宅医療の受け入れを開始、訪問診療地域は阿品から五日市~大野エリアまで診療域を拡大し、これまで以上に力を注いでおります。
在宅医療は多職種連携が不可欠です。医師だけでなく多職種の皆様と共にケアや社会支援を充実させるべく密に連携し、患者様がより心豊かに過ごせるよう各職種が助け合えるチーム医療を目指しています。

 

クリニックの概要

住所

<診療所> 広島県廿日市市阿品台4-17-31
TEL: 0829-39-2238
FAX: 0829-39-2501
  <訪問看護> 住所:同上
TEL: 0829-30-2100
Fax: 0829-30-2141
  <デイサービス> 広島県廿日市市阿品台4-17-36
TEL: 0829-37-0070
Fax: 0829-37-0087
  <居宅支援事業所> デイサービスに同じ

医師2名(常勤2名)
看護師6名、理学療法士1名、ケアマネージャー3名、介護スタッフ6名、事務2名

診療科目

  内科 / 小児科 / 訪問診療
 

<お問合せ先>

  医療法人P.H.E在宅診療部
TEL: 0829-39-2238